日本で初めて? 「山」か「海」か選べる散骨。
散骨という極めて精神的かつ感情的にもデリケートな行為は、法的にもグレーゾーンであるため、特に地元やその周辺の方々への適切な配慮や了承が不可欠です。
節度を欠いた行動は、その地域で風評被害を発生させ、ついには条例等で散骨そのものを規制されてしまうことがあります。
NPO法人 ヒーリングでは、このような事がないよう毎月無料のセミナーを実施し、散骨に関する情報提供と法と倫理的なルールに基づき節度ある散骨についての啓蒙活動を行っています。

NPO法人ヒーリング https://www.npo-healing.org

毎月1回開催の「終活・散骨セミナー」は2016年10月からスタートしました。早いもので1年経った計算になります。

雨天の足元の悪い中、数組の方々にお越し頂きました。 熊本市の包括支援センターから情報を得たという方もいて、少しずつ広がりを感じています。

1年続けてみて改めて感じていることは幾つかありますが、特に痛切に感じていることがひとつあります。 それは心情と法律のギャップというもの。 相続問題です。 この記事で私自身の状況を書いていますが、 私の実母が亡くなった場合、私のきょうだいたちは、顔も知らない姉に遺産の何割はもっていかれるという状況が生じます。 顔を知らないのはお互い様なので、私はその時がきたら相続放棄をするつもりでいますが、もしかしたら気が変わるかも知れません。
331


あるいは、私の方が先に亡くなるかも知れません。 そうなると、民法の規定によれば、私の実母が相続人となります。 どんなに疎遠で顔も覚えていない間柄であっても。

似たようなケースのご相談は既に何件もあって、「疎遠だから関係ないでしょ?」と思っておられるケースが多いです。 心情的には理解出来るのですが、法律ではそれは斟酌されないのですよ...と説明すると唖然とされるのです。「でも何年も行き来がないし」と仰いますが、それでも法定相続人である以上は、何もしなければ遺産は疎遠となっている家族のもとにいくのです。

とはいえ、法律の規定を知っている専門家を頼る事で、解決策が見つかるケースも多々あります。いずれにしても大切なのは「知る」ことです。


もしかすると、私が弁護士か司法書士といった専門家であれば、もっと上手にご納得頂ける説明が出来るのかも知れませんが。 体のメンテナンスでドクターのアドバイスを受けるように、人生のメンテナンスで法律家の元を訪ねる人が増えると、終活の意味合いももっと明るく力強いものになるだろうなと思う今日この頃です。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 

=============================================

月1回「終活散骨セミナー」を開催中です。
法律や故人の尊厳を遵守して、ご家族が安心して散骨が出来るためのお話をしています。
次回のセミナーは11/11(土)開催。 参加費無料です。
事前予約が必要ですので、下記電話、またはホームページからお申込みください。

ご希望に応じて、個別のご相談もお受けしております。
WEB:https://www.npo-healing.org/
℡:096-288-2679(10:00~18:00 日・祝はお休みです)



終活や散骨とはジャンルが異なる話となりますが、様々な事件が増えている現在、犯罪に巻き込まれる可能性は誰にでも降りかかる話です。

先日、所属しているライオンズクラブの卓話で、公益社団法人くまもと被害者支援センターのセンター長様のお話を聞く機会に恵まれました。 お話の内容は、小学生と高校生が性犯罪に巻き込まれるケースが多い・・・等々、改めて文字で起こすとなると結構ショッキングな内容もあり、子どもが多い環境で事務所を構えている団体として、第三者の大人として何が出来るだろうか、と真剣に考えた時間でした。

実際に犯罪に巻き込まれてしまった方や被害者のご遺族の支援となると、警察や医療機関等の専門組織、弁護士や医者など専門家のサポートが不可欠です。 だからといって、私たちには何も出来ないかといえばそうではありません。 

例えば、性暴力被害者とその家族を支援する「ゆあさいどくまもと」というサポートセンターの存在は、どのくらいの方がご存じでしょうか? 恥ずかしながら、私は今回初めて知りました。 こういった組織がある事を知り、周りの人に伝えることでも立派な支援に繋がります。 そして、募金箱や寄付型自販機の設置で、周りの方々に伝えることも出来るでしょう。 個人の支援であれば、古本の寄付でも支援に繋がるそうです。

あなたやあなたの大切な人に、何も起きないことが一番です。 しかし事件・事故・災害と、いつ何時、当たり前の日常が奪われないとは限りません。 だからこそ、日頃からの目配りと情報キャッチが大切ですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 


=============================================

月1回「終活散骨セミナー」を開催中です。
法律や故人の尊厳を遵守して、ご家族が安心して散骨が出来るためのお話をしています。
次回のセミナーは10/21(土)開催。 参加費無料です。
事前予約が必要ですので、下記電話、またはホームページからお申込みください。

ご希望に応じて、個別のご相談もお受けしております。
WEB:https://www.npo-healing.org/
℡:096-288-2679(10:00~18:00 日・祝はお休みです)




今朝の地元紙(熊本日日新聞)の記事から。 肥後銀行が特殊詐欺に対する対応として、ATMに一部取引制限機能を設けた、とありました。 高齢者の口座からATMで預金の引き出しをする際の上限が設けられたそうです。 

どこの金融機関でも、窓口の職員さんたちが「詐欺ではないか?」と目を光らせるようになったためか、最近では窓口に行かせないように誘導するケースが増えているとか。 詐欺を水際で食い止めるための予防策のひとつなのでしょう。

個人口座ではどこの金融機関でも、大体1日あたり50万円までの引き出しが一般的な上限金額とは思いますが、今後同じような取り組みが増えた場合に起こりうる問題があります。

家族がお金を管理している場合です。 急に入用になった場合、必要な金額を引きだすことが出来なかった・・・というケースが考えられます。 本人確認も益々厳しくなりますし、本人の意思確認も求められるようになってくるでしょう。

いざそうなった際に困らなくて済むためには、元気なうちに、お金の管理を誰に任せるかといったことを決めておく必要があります。 任意後見人制度、というものがあります。 具体的に決めることが出来る法的な制度ですから、相談先は法律の専門家になります。

弁護士と聞くと刑事事件の弁護人というイメージをお持ちの方が多いですが、実は人生の中で起きる様々な「困った!」の解決をサポートしてくれる心強い味方です。 法的な立場からアドバイスをもらえるので、一番安心です^^。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 


=============================================

月1回「終活散骨セミナー」を開催中です。
法律や故人の尊厳を遵守して、ご家族が安心して散骨が出来るためのお話をしています。
次回のセミナーは10/21(土)開催。 参加費無料です。
事前予約が必要ですので、下記電話、またはホームページからお申込みください。

ご希望に応じて、個別のご相談もお受けしております。
WEB:https://www.npo-healing.org/
℡:096-288-2679(10:00~18:00 日・祝はお休みです)






↑このページのトップヘ